デジタルサイネージとは

 

店舗空間や建物のガラス壁面等に、液晶・プラズマ・LEDディスプレイやプロジェクター(フィルム)等の表示装置と、各種センサーやタイムスケジュール機能を連携させ、映像や音声を用いてタイムリーな情報発信を行うシステムのことをデジタルサイネージ(電子看板)といい、近年注目されているプロモーション手法の一つです。
デジタルサイネージの費用を考える際、ハードやシステムの価格で見るのではなく、コンテンツを含めた総合的な運用計画を立てることで、大幅なコスト削減につながる可能性があります。紙媒体、WEB、モバイル(携帯)端末、AR(拡張現実)等との連携により、営業スタッフやコンシェルジュ、CRMツールとしても魅力的な反面、設備導入後の「運用」面で困られる企業様も多く、継続的・柔軟なサポート体制や企画力がデジタルサイネージ成功の秘訣です。

デジタルサイネージのメリット

大きくまとめると「宣伝効果が高くコスト削減が図れる」ことがデジタルサイネージの最大の利点です。なぜ宣伝効果が高いのかと言うと、「タイムリーな情報をピンポイントのターゲットに対して発信できる」ためです。デジタルサイネージはポスターなどと違い、いちいち交換しなくても必要な情報を必要な時に表示でき、常に新しい情報を公開することができるのです。また、移動可能なデジタルサイネージ専用フレームもご用意しておりますので設置場所を選ばず、見て欲しい人がいる場所に設置することが可能です。動画を表示することもできる為、人々の目にとまりやすく、宣伝効果もさらにアップします。
なぜコスト削減になるかと言うと、デジタルサイネージは広告だけでなく、使い方次第で様々な利用方法があるためです。例えばエントランスに動画やタッチパネルなどを活用した案内板を置くことで、分かりやすくお客様を誘導してくれますので、案内係のスタッフを雇い、教育を行うなどの人件費を削減することができます。
加えて、「紙や資源を無駄にしない」という点があげられます。エコに取り組む企業様にはとくに、その都度ポスターや広告などを作っては廃棄する必要がなくなるデジタルサイネージの導入をおすすめします。デジタルサイネージは表示するものを切り替えるだけなので、一つの物を長くご利用いただけ、地球環境にも優しくコストダウンが図れます。
デジタルサイネージに関するご質問やご相談は、タグオスまでお気軽にお問い合わせください。

Information  新着情報 新着情報
  • デジタルサイネージ「テレビプラス」導入の3つのキーワード
  • 移動可能な専用フレーム
  • 空間に映像を「はるみ」&「はるぞう」
  • あとあと困らない為のディスプレイ選びのポイント
index-img-img001.jpg
Copyright(c)2009 TAGOS. All Right Reserved.